開設後3年目で
黒字化を目指す

業績不良事業所を発生させないためには、『開設後3年目(2年経過後)』の業績がターニングポイントとなる。

開設して2年以内で黒字化できた事業所は、そのまま軌道に乗っていくが、逆に開設して3年を経て赤字の事業所は、そのまま低迷を続けていくパターンが多い。

したがって、開設して3年目に入っても黒字化できていない事業所については、徹底した経営指導を行なわなければならない。

(2008年12月2日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved