ブロック長の最も重要な
仕事は「ノルマの達成」と
「不良業務の防止」

出先の最上位役職者であるブロック長の最も重要な仕事は、「ノルマの達成」と「不良業務の防止」の二つである。

「ノルマの達成」だけを重視し、「不良業務の防止」については関心が薄いというブロック長も存在するが、これでは経営者として失格である。
優秀なブロック長は、「ノルマの達成」だけでなく、「不良業務の防止」についても、しっかりと取り組んでいる。

「ノルマの達成」という『プラス要因(加点方式)』と、「不良業務の防止」という『マイナス要因(減点方式)』の二つのバランスを取ることが経営の基本である。
トップが「不良業務」に注目し、言及していくことが重要である。

これには仕事に対する倫理観、不正に対する正義感を持たなければならない。
過去に倫理観が欠如した人、不正を働いた人で成功した人は見たことはない。

(2008年11月4日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved