悔しさを糧にする

人にとって、夢を実現することが最大の喜びであり、夢をあきらめることは最大の苦しみである。

私は青春時代に「柔道」という夢をあきらめ、起業家としての道を選んだが、常に夢を捨てたことに対する「悔しさ」があった。
この「悔しさ」を忘れなかったからこそ、絶対にビジネスで成功するのだという強い意志を持ち続けることができた。

「悔しさ」を忘れず自分の糧として、次の目標に向かって進むことが、成功への第一歩である。

(2008年6月1日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved