商品開発は
「売る」ことを
考えて進める

新商品の企画・開発は、スタート時点から、販売戦略や広告戦略を考慮しなければならない。

「お客様はどのような商品を求めているのか?」
「どのようにPRすれば、お客様に商品の価値を伝えることができるのか?」
ということを考えなければ、いくら良い商品を開発したとしても、売上げには直結しない。

また、商品の生産や販売にかかるコストをきちんと試算した上で開発しなければ、お客様のニーズとかけ離れた価格設定となる可能性もある。
コストに見合う利潤を確保できるか、つまり「費用対効果」のバランスを考えて商品を開発し、生産(製造)しなければ、「売れる」商品は作れない。

(2008年1月7日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved