事業所経営で
最も大切なことは
『人間関係の構築』

事業所経営で最も大切なことは『人間関係の構築』である。
人間関係の構築には二通りあり、ひとつは「社外」の人間関係、もうひとつは「社内」の人間関係である。

まず、「社外」の人間関係であるが、これを築くことができない人は、受注は取れない。
受注が取れないのは、人間的な部分に何か問題があると考えられる。
人間関係構築の基本は、相手のことを考えて行動する、ということである。
相手(お客様)のことを考えて行動すれば、結果はおのずと開けてくる。

もうひとつは「社内」の人間関係である。
業績を上げる組織をつくるには、チームワークの良い集団をつくり上げなければならない。
事業所というひとつの「チーム」が集団で仕事をしていくためには、その集団の空気(雰囲気)を良くすることである。
働きやすい環境を互いにつくり上げていくことである。

(2007年8月1日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved