刺激を与えてくれる
ライバルを持つこと

私は常にライバルを持つように意識している。
自分よりもワンランク上の人物と交わることによって、刺激を与えられ、「あの人には負けたくない」という気持ちを継続して持つようになり、自分自身を磨くことができる。

私は常に成功している人(有名人を含め)と交際している。
なぜかと言えば努力、才能、運の3つが伴わなければ、成功はできない。
人一倍の努力があって、才能が開き、運が開いて人生が開く。
尊敬できる人の言葉や生き様から多くを学び、心の糧とする。

また私は「燃える情熱を持っている人」、私に「刺激を与えてくれる人」をライバル(競争相手)に選ぶようにしている。
「燃える情熱を持っている人」と交わることによって、自分自身を刺激し、モチベート(動機付け)できる。

(2007年7月2日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved