信頼関係の基本は
「約束を守ること」

私が現場で営業をしていた頃は、常に「お客様との約束を守ること」を第一の使命と自分自身に命じてきた。

お客様との約束は、何が何でも守らなければならない。
しかも、それを最短の時間でやることが重要なのである。
遅くなれば遅くなっただけ、お客様との信頼関係も失ってしまう。
だからこそ、より早く、より良い仕事をするよう努力してきた。
普通ならば1ヵ月かかる作業であっても、2週間で何とかできないだろうか、1週間でできないかと常に考えてやってきた。
もしも何らかの理由で、期日に間に合わないようなことがあれば、必ず事前に「少し遅れますがよろしいでしょうか」とお客様に確認した。
これは、相手の立場に立てば当然のことである。
相手の期待に応えることが我々の仕事である。

ビジネスにおける信頼関係は、すべて「相手との約束を守ること」、「約束が守れないのであれば事前に報告し相談すること」の2つで成り立っていることを忘れてはならない。

(2007年6月1日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved