営業の仕事は
「時間」ではなく「中身」

営業という仕事は、1日8時間働けば充分であり、それ以上の労働を行なうよう指導したことは一度も無い。
しかし、現場では時間外労働に関する問題が少なくない。
営業の仕事は「時間」ではなく「中身」である。

土地を持っている地主様と直接会って、土地活用についての具体的な話をする『有効面談』の回数と時間を増やすことが重要なのである。
長時間働く営業部員が優秀なのではない。
有効面談の回数と時間は受注実績に比例するのであり、有効面談率の高い営業部員が優秀なのである。
営業の切り札は、お客様に好かれ、信頼され、信用されることからすべてが始まる。

(2007年2月2日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved