『勝つ』ためには、
まず「敗者」の
考え方を一切捨てよ

人間には勝つ気質を持った人とそうでない人がいる。

「勝者」となる人は、勝利への執念、気迫を持っている。
何事にも簡単に諦めない。
そして誰よりも悔しさや恥ずかしさを感じ、プライドを持っている。

逆に「敗者」となる人は、負ける発言をし、負ける行動を取る。
負けても悔しがらない、負けても仕方ないと諦めてしまう。
こうした物事に一貫性の無い執着心の無い人は、敗者の気質を持った人である。

勝つためには、まず「敗者」の考え方を一切捨て去ること。
そして「勝者」となる考え方と行動(習慣)を身に付けることである。
「勝つために、気迫を持って闘うこと」
「勝つために、決して諦めない執念を持つこと」
「勝つために、人並み外れた努力を惜しまないこと」である。

(2006年10月10日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved