三部一体となった、
「お客様第一主義」の
実践

我が社は「お客様第一主義」の考え方を、もっと前面に押し出し、強烈に社内PRして行かなければならない。
我々の仕事は、営業部が受注・着工し、次に建築部が着完工させ、仲介部が入居仲介をする、という具合に仕事を一気通貫のリレー方式で行なっている。
この過程で注意しなければならないことは、お客様を大切にするという意識がだんだんと弱くなって行かないようにすることである。

営業部は、初訪・再訪し、契約に至るまでは、お客様に対して細心の注意を払っているが、営業部の仕事は受注だけではなく、着工がゴールである。
着工まで決して気を緩めてはならない。
受注した物件を着工させるのは営業部の仕事である。
その後、建築部が着工から完工までを、仲介部が入居仲介を担当するが、ここでも『お客様第一主義』という意識を忘れてはならない。

営業・建築・仲介の三部がそれぞれの職責、立場から、お客様第一主義を認識し、実践することが肝要である。

(2006年9月20日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved