改善目標は数値化し、
現場に落とし、
意識付けする
(目標の明確化)

改善目標というものは、例えば一人当たり売上高、営業部員数、粗利益率、物流費、製造原価などの目標を『すべて数値化』し、それを『現場に落とし込み』、『意識付け』を図って行かなければいけない。

目標は明確になっていないと、改善目標に対して達成なのか、未達成なのかが曖昧になってしまう。

改善を進めるには、単に「がんばれ!」と言う精神論だけでは駄目であり、数値化された具体的な目標を明確にすることである。
そしてその目標を全員で共有し、何を、いつまでに、どれだけ改善するのかを明確化(シミュレーション・企画書・計画書)することである。

(2006年2月20日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved