営業は『結果主義』から
『プロセス主義』に
切り替えて行く

営業部員の評価は、『結果主義』から『プロセス主義』に切り替えて行く。
ゆえに、現存する社内の様々な仕組み、システムについても、『プロセス主義』を中心としたものに改正していかなければならない。

しっかりとした効率の良い、正確な営業プロセス(過程)があって、その結果として、成果(受注)に直結するのである。
営業はお客様に評価され、他の社員の支援を経て結果に繋がる。

「営業はプロセスなくして成果無し。」

言葉を変えて表現すれば、営業はプロセスが先か、結果が先か、ということになる。

(2005年10月11日)


The President(左右田 鑑穂の紹介)TOPへ

土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved