骭g帯サイト

更新終了のお知らせ


携帯電話(フィーチャーフォン・ガラケー)向け「東建コーポレーション乾は、2018年5月14日(月)をもちまして、更新を終了させて頂きました。





割安株、成長株


~前ページへ戻る

利益水準などと比べて、株価が比較的割安に置かれている株式のことを「割安株」といいます。
割安かどうかの判断は通常、「株価収益率」(PER)、「株価純資産倍率」(PBR)といったいくつかの指標を使って行われます。また、株価に割安感はないが、成長力が評価されて株価が高い水準にある株のことを株式市場では割安株に対して「成長株」という表現もよく使われます。

こうした株の分類で株式市場を眺めると、意外に市場が理解できる場合があります。
1999年から2000年にかけては典型的な値嵩株が注目される相場展開でした。生産性向上やIT関連投資の長期的な拡大が大きく期待されたからです。
逆に2000年後半にはITへの期待がしぼみ、それまで放置されていた低位株、割安株に注目が集まる展開へと移行していきました。値嵩株に注目が集まっている陰で、割安に放置されたままの株が多かったというわけです。

このように株の分類からも市場のテーマの変化を読み取ることができます。


土地活用の東建コーポレーションTOPへ

注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved