株式投資を
はじめる
ためには?


~前ページへ戻る

株式投資を始めるには、まず証券会社に取引口座を開く必要があります。口座開設に必要なものは、印鑑と本人確認書類(運転免許証・住民票の写し等)です。申込書類に必要事項を記入、捺印にて証券会社に提出すれば口座が開けます。指定された口座に入金すれば注文を出すことが出来ます。

証券会社が投資家から受けた売買注文を流通市場に取り次ぐ業務をブローカー業務といいます。これ以外の証券会社の業務としては、企業が新たに発行する株式や既存の株式などを売り出しを目的に引受るアンダーライティング業務、新たに発行されている株式や債券を投資家に買ってもらうように営業するセリング業務、そして自己売買のディーリング業務があります。証券会社は企業と投資家、あるいは投資家と投資家を結び付け、証券市場を円滑に機能させる中心的な役割を果たしています。


土地活用の東建コーポレーションTOPへ

注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved