ナスラック黒字転換は
目前次のステップは
戦略の定量化へ

ナスラックは従来の赤字体質を克服すべく、3年にわたる経営改革の末、ようやく利益を重視する体質へと企業風土が変わってきました。そして今、満を持して合併を行なったことで、合併効果を最大限に引き出すことができるものと確信しております。
そして、合併後の体制が整い、東建グループとしてのシナジー効果が本格的に現れていく中で、ナスラックの黒字転換はおのずと実現していくはずです。
今後は戦略の定量化、つまり具体的な目標数値として可視化し、中期的な視点に立った計画の策定を行なっていきたいと考えております。そのため、初年度にあたる当期は、まず、具体的な目標を設定するための足場固めと現状把握に専念してまいります。
株主の皆様におかれましても、新生ナスラックの今後の成長にご期待下さい。
土地活用の東建コーポレーションTOPへ