組織のスリム化・
合理化により
高利益体質を構築

今回の合併を成功へと導くための基礎となるのは「強固な経営基盤」の構築です。これにより、組織のスリム化・効率化と経営の意思決定スピードの向上をもたらします。

直接部門では、営業部門と生産部門の2つの柱が相互にもたれ合う構造ではなく、それぞれが最適な利益を追求していくよう、責任の明確化を図りました。
特に営業面では、販売拠点の効率的な統廃合により生産性の大幅な向上を図ると同時に、必要に応じて営業部員の増強をスピーディーに行ない、今後の収益力強化に弾みを付けていきます。
土地活用の東建コーポレーションTOPへ