合併によって
もたらされる
強い競争力


商品面から今回の合併を見ると、2社の合併は「住設・建材連合」と表現できます。住宅設備と建材の製造・販売力がひとつの組織として集結されることで、従来以上に強い競争力を発揮していくことが可能となります。
外販においては、業界でも数少ない住設プラス建材というワンストップでの機能提供は大きな武器となります。
また、商品力の一層のパワーアップも期待できます。
合併前から推し進めてきた「ナストピアTLD内装・住設ユニットシステム」による室内のトータルコーディネートは、住宅設備と建材の両方を取り扱う弊社ならではの提案です。
これは、外販における提案力に限らず、東建グループ全体に絶大な効果をもたらすことが期待できます。

ナストピアTLD内装・住設ユニットシステム


土地活用の東建コーポレーションTOPへ