連結売上高3,000億円
達成のカギは経営効率
の向上と生産性

涅゙ループシナジーを生み出し、成長力ある経営基盤を構築
*
第33期(2009年4月期)より東建グループは新中期経営計画を始動。
その初年度にあたる第33期のスローガンは「チャレンジ3,000!飛躍に向けたグループ経営基盤の強化」です。
前中期経営計画(第30期〜第32期)で築いた基盤をステップに、「コア事業における選択と集中による出店強化」「不動産情報ネットワーク事業の拡大」「製造子会社、再建への着手」を重点方針とし、連結売上高3,000億円の達成を目指します。

「ビルド&スクラップ」戦略が出店の加速化と経営健全化のカギ
*
関東圏・近畿圏におけるコア事業の展開を推進
*
「ホームメイト新宿仲介センター」をオープン
*
「不動産情報ネットワーク事業」の拡大・ホームメイトFC店320店舗体制へ
*
総合住建メーカー「新生・ナスラック」誕生
*
連結売上3,000億円に向け新たな一歩


土地活用の東建コーポレーションTOPへ