「不動産情報
ネットワーク事業」の拡大・
ホームメイトFC店320店体制へ

現在、不動産仲介業において業界再編が急激に進んでおり、今後数年で大手数社が全国の中小の不動産店を束ね、寡占化が進むと想定されます。

弊社でも、パイの拡大を図るべく、現在「ホームメイトFC店」の拡大と組織体制の強化、そして5メディア仲介システムへの掲載物件の増大を図っています。

これらを実行するために、今期はホームメイト営業部において営業部員数を、30名体制から40名体制へ増員を進めています(2008年9月末時点36名)。

そして、FC店への経営支援の一環として、業務効率向上を目的としたITサービスの提供や「ホームメイト倶楽部(ホームメイトの提携店システム。会員店舗数は全国1,500以上で、業界最大級のネットワークを誇る。)会員」からFC加盟店に昇格する際の「加盟金・保証金割引制度の改定」の実施、FC総会の定期開催など、FC店ネットワークの拡大と組織体制強化を図る様々な施策を実施しています。

第28期に7店舗だったFC店は年々増加し、第32期には目標を上回る188店舗を達成しました。そして、今期の目標は260店舗です。

さらに第35期目標の320店舗体制の実現も射程内に入ってきたと考えております。

営業拠点の推移


土地活用の東建コーポレーションTOPへ