他社と差別化し、
商品競争力を高める
「家具付アパート」


弊社の調査では、賃貸住宅における一次入居者様(初めて賃貸住宅に入居するお客様)の割合は全体の52.7%(2006年5月〜2007年11月の弊社成約件数43,017件中)と非常に高く、そのほとんどの方が入居時に家具などの生活用品を新たに買い揃えています。

もし、それらの家具がアパート・賃貸マンションにあらかじめ設置されていれば、家具の購入に掛かる費用や手間は一切掛からず、入居者様にとって、引越し時の金銭的負担が極力抑えられるというメリットが生まれます。

こうしたことから弊社では、今後、家具付賃貸住宅のニーズが高まっていくと予測し、一次入居者様をターゲットとした「家具付アパート(マンション)」を開発。賃貸住宅への入居需要が大きい都市部を中心に販売を開始致しました。

この「家具付アパート」は、オーナー様に対しても多くのメリットをご提供します。家具付きであることによって物件に付加価値が生まれ、商品競争力が高まります。

その結果、安定した入居率を確保することができるだけでなく、家賃を高く設定することも可能となります。また、家具の償却期間が建物と比べて短いため、減価償却費を多く計上できます。

■商品紹介
*
家具付アパート(マンション)


土地活用の東建コーポレーションTOPへ