スケールメリットを発揮する
店舗ネットワークを構築

弊社では、業容拡大のための基盤づくりに向けて、出店戦略を積極的に推進しています。

2006年までは、全国展開のための基盤づくりを目的として、全国47都道府県に出店することに重点を置いてきました。その結果、言わば「点」としての出店が多く、経営における効率面では非効率と言わざるを得ませんでした。
そこで、2007年以降は、既存店の拡大と共に、出店を「点」から「線」へ、さらに「線」から「面」へと積極的に展開し、スケールメリットを発揮できる店舗ネットワークの構築を目指しています。


土地活用の東建コーポレーションTOPへ