出店スピードを加速

現在、弊社の中核エリアの東海地区では、市場を「面」で捉えたキメの細かい出店を実現しており、その結果、競合他社を圧倒する高い営業成績と経営効率を実現しています。
これを踏まえ、他のエリアでも、東海地区と同様の店舗ネットワークを早期に構築し、業容拡大のための基盤とすべく、出店スピードをこれまで以上に加速して行きます。

なお、弊社では新規出店を推進すると同時に、赤字店舗を閉鎖(撤退)する「ビルド・アンド・スクラップ」()を実施しています。今後はスクラップ(店舗の閉鎖)を凌ぐ速度で新規出店を図ってまいります。

弊社が提言する出店方針。一般的に「スクラップ・アンド・ビルド」とは、店舗や組織を壊してから作るという考え方ですが、弊社では、成長スピードを緩めず、出店を最優先させながら、経営の足かせとなる不良店を解体していくため、こう表現しています。

出店計画


土地活用の東建コーポレーションTOPへ