改正建築基準法による
影響と弊社の取り組み
2/2

@型式適合認定の取得により、ピアチェックを受ける必要がない弊社オリジナルの高耐震鉄骨造アパート「シェルルTPシリーズ」と、ピアチェック対象外となる木造(ツーバイフォー工法)を中心とした、木質系2階建てアパートの受注を促進しています。

A建築確認申請手続きの迅速な対応を図るなど、着工準備における徹底した進捗管理を実施しています。

弊社では、これらの施策で改正建築基準法に対処しつつ、全国の土地オーナー様から高い関心が寄せられている「シェルルTPシリーズ」を起爆剤とすることで、今後、競合他社よりも優位な立場で営業活動を展開する方針です。

■住まいの総合展示場(商品紹介)
*
高耐震鉄骨(弊社オリジナル)構造「シェルルTPシリーズ」
*
木造(2×4工法)商品


土地活用の東建コーポレーションTOPへ