株式投資の
リスクとは?


~前ページへ戻る


銀行や郵便局の預貯金(元本保証商品)と比較してみましょう。
銀行や郵便局の預貯金の場合、あなたが最初に預けたお金(元本)は、一定期間預けておくだけで、必ず決められた利息がつきます。これに対して、株の場合、預貯金の利息に当たるものが配当金だと考えることができます。配当金は1年に1度か2度支払われますが、金額は決まっていません。あくまでも会社の儲けに応じるものですので、もちろん配当金が0円ということもありえます。

次に株価ですが、会社が成果を上げ、株価が2倍になれば、あなたの株も2倍の価値を持つことになります。配当金も増えます。そのときに株を売却すれば、元本は2倍になるわけです。しかし、業績が悪いと株価は下がり、あなたの株の価値も下がってしまいます。つまり、元本が大きく減ってしまう可能性もあるのです。これが、株のリスクです。
株にはリスクがあるという点が、安全確実といわれる預貯金と大きく違う点です。この点を十分理解し、株式投資することが大切です。


土地活用の東建コーポレーションTOPへ

注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved