売上高・売上総利益

建築事業が概ね期初の計画通りに推移したこと、不動産賃貸事業もサブリース経営代行システムの導入による家賃収入の計上や管理物件の増加等により売上を伸ばしたこと等から、売上高は前年比同期比37.9%増(0.2%増)の1,040億10百万円となりました。
また、売上総利益は、鋼材、建築資材の高騰の影響を受け売上原価が増加したものの、増収効果に支えられ前年比同期比3.5%増の231億17百万円となりました。


土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved