営業の概状(連結)

当上半期において建設業界では、改正建築基準法による着工の遅れも収束を迎えつつあるものの、鋼材及び建築資材の高騰により、依然として厳しい状況下で推移しました。

こうした中で、主力商品である弊社単独における賃貸建物の完成工事高は、季節的変動要因により下半期に比べて少ないものの、期初の計画に対して概ね順調に推移しました。

この結果、当第2四半期連結累計期間(以下、当中間期)における弊社グループの連結業績は、売上高1,040億10百万円(前年同期比37.9%増、計画比0.2%増)、営業利益4億63百万円(前年同期比75.7%減、計画では営業損失5億14百万円)、経常利益6億53百万円(前年同期比74.5%減、計画では経常損失16百万円)、四半期純損失4億19百万円(前年同期は四半期純利益10億20百万円、計画では四半期純損失4億33百万円)となりました。

建設事業の売上高・営業利益


土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved