コア事業の戦略
成長の基礎づくり

選択と集中による出店強化がほぼ計画通りに進捗しています。

前期(第32期)は事業所(三部店)22、ホームメイト店4の合計26店舗を出店し、第33期はこれを上回る合計28店舗の出店を計画しています。建設業界が極めて厳しい事業環境に置かれるなか、当上期はほぼ計画通りの出店を果たすことができました。
これは、弊社が賃貸アパート・マンションの建設請負いと入居仲介・管理代行をコアとした事業構造が景気変動の影響を受けにくいこと、まだまだベンチャー企業である弊社には、全国各地に出店余地を多分に有していること、等が背景にあります。
出店の加速を計画通りに進め、連結売上高3,000億円の基礎を早期に築いていきます。

営業拠点戦略

「ビルド&スクラップ」戦略を継続

関東圏への集中出店を継続

社員育成計画

IT戦略


土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved