「ビルド&スクラップ」戦略を
継続

第33期より弊社は、新規出店の加速と業績不良店舗の閉鎖を同時に行ないながら事業所数の増加を図る「ビルド&スクラップ」戦略を推進しております。

この戦略は、事業拡大のための基礎と収益力強化のための基礎を同時に築いていくことを目指したものです。
再建余地のある業績不良店舗については、本社組織として新設した「MB(マイナス・ブランチ=赤字店舗)対策室」のバックアップのもと、業績回復に向け取り組んでいます。

第33期の出店計画28店舗に対し、当上期は事業所8、ホームメイト店1の計9店舗の出店を果たし、計画はほぼ順調に進捗しています。

営業拠点数の推移


土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved