骭g帯サイト

更新終了のお知らせ


携帯電話(フィーチャーフォン・ガラケー)向け「東建コーポレーション乾は、2018年5月14日(月)をもちまして、更新を終了させて頂きました。


Q&AB

膕uestion
製造子会社2社の合併をはじめ、新たな取り組みもスタートしていますね。

Answer
新生・ナスラック誕生による「脱建設業」の完成へ

2008年11月1日、建材を中心とする東建リーバ鰍ニ水まわり製品を中心とするナスラック鰍フ製造子会社2社が合併し、新生・ナスラック鰍ェ誕生しました。

ナスラックを買収(当時はナスステンレス)した2005年に合併することもできたのではないか、とお考えの株主様もいらっしゃるかもしれません。
しかし、合併を成功裏に収めるためには企業の風土・文化を一致させていくこと、すなわち社員の意識改革を図ることが不可欠です。
買収当時の同社は、赤字体質が染み付き、売上高を確保するための安易な値下げや営業成績の低迷等士気の低下が著しく、長年培ってきた高い技術力を活かせない状況にありました。
そこで弊社は、抜本的な経営改革を断行し、業務改善をひとつずつ積み重ねながら社員の意識改革を行なってきました。

収益を生み出す開発・生産・営業等の部門については、すでに昨年より、東建リーバとナスラックをひとつの会社と見なした機能分化による事業運営体制へ移行し、合併に向けた下準備を進めていました。
合併後は、この体制が収益を高めていくための組織力強化と、重複していた間接部門経費の圧縮によるローコスト経営体制の整備が当面の課題となります。
新生・ナスラックが期待されるパワーを発揮するようになって初めて、長年取り組んできた「脱建設業」への挑戦が一先ず完了することになると考えています。

→次へ


土地活用の東建コーポレーションTOPへ
注目ワード

アパート経営不動産情報土地活用アパート マンション土地情報不動産経営賃貸仲介賃貸経営 融資


賃貸・不動産のホームメイト

土地活用の東建コーポレーション

All Rights Reserved